地域を活性化し都市間競争に勝つための4つの挑戦

  • 挑戦1
  • 国家戦略特区における規制改革を活用します。

    • 「最先端医療・最新技術の追求」と「未病を治す」アプローチで、個別化医療を実現し、健康寿命日本一と新たな市場・産業の創出。

  • 挑戦2
  • 新東名周辺の活性化と企業・商業施設の誘致に全力を注ぎます。

    • 土地活用による地元経済の活性化と産業創出による財源の確保。
    • アウトレットモール等の商業複合施設の誘致。

  • 挑戦3
  • 国の「地方創生」政策を活用し、秦野の潜在能力「豊かな自然」「文化と歴史」「特色ある観光資源」を引き出します。

    • 街づくりとして、中心市街地活性化法、民間活力等を活用し、「コンパクトシティー」の推進。
    • 秦野の地下に眠っている「約3億トンの名水資源」を活用し、食品・飲料メーカー等を誘致。
    • 農業テーマパーク(観光牧場・観光農園等の複合施設)、道の駅の誘致。
    • 「秦野サイクルシティ構想」の推進(JC提言)。
      ※自転車を有効利用できるまちづくりにより「楽しく元気な秦野へ」

  • 挑戦4
  • 子どもを「産み」「育てる」環境整備に全力をつくします。

    • 待機児童の解消など、子ども・子育て支援制度の充実。
    • 小児医療費 助成対象年齢の拡大。
    • 秦野赤十字病院産婦人科の体制維持。
    • 食育の充実と中学校での完全給食の推進。
    • いじめや暴力のない安心・安全な教育環境の実現。